So-net無料ブログ作成
検索選択

メルカリ トラブル 住所が原因の事例

メルカリを利用する上でのトラブルに
住所が原因になるケースも出てきます。


もちろん普通に利用している分には
全く問題ないのですが、
不安を持っている方の多くが
出品者に住所を教えることに抵抗がある。
といった点でしょう。


それ以外にもどういったケースでトラブルになるか
少しまとめてみたいと思います。


匿名配送システムは可能か?


LINEモールではすでに匿名配送システムは確立しています。
遅れてメルカリでも対応し始めましたが
今はまだ試用運転中ということで
限定された人しか使えないようです。

将来的には利用者全員が使えるようになりそうですが
システムの都合上、料金がかかる可能性も考えられますね。

メルカリの特性上、個人対個人の取引がほとんどですから
購入者が一方的に住所を教えるということに
抵抗があってもおかしくありません。

購入者が出品者の住所を知るのは
商品が届いたときですからね。


また、その伝えた住所が悪用されないか等
心配の範囲は広がってしまいます。

もちろん最初から住所を悪用しようとおもって
メルカリを利用する人もいないでしょうから・・・
問題はないとは思いますが
人と人の取引ですから
最後まで気持ちよく取引を終わらせられるよう
変なことはしないほうが無難でしょうね。



スポンサーリンク



住所記載ミスのトラブル


購入者が出品者への住所を伝え間違えた場合。

どんなに出品者が一生懸命配送したとしても
送り返されることがあると思います。

また、ポストインでの発送方法を選択した場合
配送事故にもなりかねません。

送り返されてしまった場合は、送料負担が2回かかるので
購入者の負担も増えてしまいます。

確実に住所は間違えず伝えるように気を付けましょう。


また、出品者も住所の記載ミスが無いように
発送時には気を付ける必要があります。

どうしても不安な場合であれば
対応できればらくらくメルカリ便が1番安心ではないでしょうか。
伝票を書く必要がないので、出品者側の記載ミスという疑いは
免れることになりそうですしね。

もちろん住所記載ミスでの2回目の送料にかんしては
出品者の方負担してくれることが当然と考えていますが
できる限りスムーズに取引するためには
気を付けることが1番だと思います!!


ちょっと住所トラブルとは違いますが
私の家によく、違う人の家の荷物が届きます・・・(汗

某運送会社の事業所に確認したところ
配達員さんがずっと勘違いをしていたそうで
私の家を、よく間違って届く人の家だと思っていたそうです(汗

こんなこともあるんですよね。


>>>アプリインストールはこちらから
招待コード
VYDGSW入力で300円分のポイントが入ります!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

メルカリ トラブル 出品者と連絡が取れない

メルカリを利用していてのトラブルで
購入手続き後、商品が届かい例がありましたが
出品者との連絡が必要になるケースはこれ以外にも
違う商品が届いた場合や、届いた商品が使用できない場合。
傷、痛み具合が商品情報とかけ離れている、なんてこともあるようです。


実際トラブルに発展してしまう場合のほとんどが
まずは出品者との連絡をとること。

これはメルカリ利用規約にも記載されているとおりで
当事者間の解決が先決です。


ただし、連絡が取れないようであれば
はやめにメルカリ運営事務局に連絡することも覚えておきましょう。


受取評価はしてはダメ


これについては繰り返しの内容になってしまいますが
受取評価をした時点で、メルカリから出品者への
売上金の支払いが可能になるからですね。

キャンセル・返品・返金希望の場合は
当然ですが、受取評価をしないことが大前提になります。

届いた商品はしっかり確認してから
受取評価は行ってください。


出品者と連絡が取れなくて受取評価をしない場合は
運営事務局に連絡することも忘れずに。


スポンサーリンク



独自ルールにより未発送


出品者とのトラブルの中には
独自ルールを前提とした未発送というのもあるようです。

これは出品者と連絡が取れないとい内容とは少し違うかもしれませんが
参考までに。


プロフィールや商品情報の中に
コメント無し即購入NG
購入前にコメントください

などの記載がある場合で、これを見落として購入手続きをした場合
出品者の方が発送してくれないとったケースもあるようです。


購入前のコメントは、購入者さんの評価状態であったり等を
確認するために発生した独自ルールのようですが
これはこれで、出品者側が取引トラブルを避けるための方法ともとらえられます。

ただあくまでも独自ルールであって、メルカリの利用規約には記載されていません。


発送しなかったり、連絡をとらなかったりするのはマナー違反となってしまうので
注意してください。


あまりにも悪質であると判断された場合
利用停止なのどのペナルティもあるそうなので
きちんとした対応が求められますね。


どちらも気持ちよく取引するためには
ある程度どちらも譲歩する気持ちも大切なのかもしれないですね!!



>>>アプリインストールはこちらから
招待コード
VYDGSW入力で300円分のポイントが入ります!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

メルカリ トラブル 商品が届かないときは?

メルカリを利用していてのトラブルで
商品が届かない。ということがあるようです。


購入したのに商品が届かないとなっては
いくらアプリだからといっても
お金のやり取りもありますし
不安になってしまいがちです。


まずは、商品が届かない可能性を考えてみましょう。


出品者が発送していない


商品が届かない場合はまず
出品者に連絡を取ってみましょう。
まだ発送していないということもあり得ます。

というのも、出品者は商品を出品する際に
発送までの日数を指定します。
1~2日
3~4日
4~7日

これらの中から選択するのですが
気を付けてほしいのは
発送予定の日数ということ。

例えば、購入者がこの発送予定4~7日というのを見て
1週間経ったけどまだ商品が届かないということであれば
発送したのが7日目であればその次の日か2日後に届くことを
想定しなければいけません。

この時点では出品者側としても特に問題はない状態です。


これよりもトラブルになりがちなのは
出品者と連絡が取れない場合。


この場合は早めにメルカリ運営事務局に
連絡をしてみることをお勧めします。

その間にも、悪い評価をつけたいという思いから
受取評価をしてしまわないように注意してください。

出品者は受取評価がされるまでは売上金の支払いを受けられませんので。
評価システムに関してはこちらの記事で。
>>>評価システムの重要性


スポンサーリンク



発送事故の可能性


これはこれでまたどうにもならないケースがありますね。

特に送料込み(出品者負担)の場合であれば
発送方法も1番安いものを選んで当たり前というこです。

そうなってくると当然、追跡サービスがなかったり
荷物の補償もないケースが多いと思います。

それでも、郵政のサービスには調査というものがあり
配達経路をたどって調査はしてくれるものの
荷物に関しては送料負担というのが現状のようです。


購入者負担になることは多いですが
安心なのは追跡サービスがあるものが便利ですね。

もうひとつ、らくらくメルカリ便には
配送状況がわかるメリットがあるので
らくらくメルカリ便を選択してもらうのも
ひとつの方法かもしれません。


できれば、この手のトラブルには当たりたくないですから
出品者として利用する際には
しっかりと発送までの管理をしたいものですね!


>>>アプリインストールはこちらから
招待コード
VYDGSW入力で300円分のポイントが入ります!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

メルカリのトラブルで警察が介入しそうなケース

メルカリを利用していく中で、トラブルに関する検索が多いようですが
その中でも特に目についたのが「警察」というキーワード。

なんだか、トラブルと警察の組み合わせっていいイメージはないですよね(汗

もし、これからメルカリを始めようと思って
「トラブル 警察」なんて出てたら少し身構えちゃいますし
実際、警察が介入するようなトラブルが起こるのかどうか・・・


簡単ではありますがまとめてみます。



メルカリのトラブルで警察が介入しそうなケース


アプリを通しての商取引で警察が介入しそうなトラブルを
考えてみたのですが・・・
なんとも思い当たるところがありませんでした。

実際に警察に相談がよくあるといわれる内容は

違う品物が送られてきた
購入したものが使えない
相手と連絡がつかない


この3点が非常に多いようです。

たぶんお気づきの方もいると思いますが
警察の出る幕ではないのが現状です。


可能性としては、購入手続きを済ませ
発送先を出品者に教えたあとの
恐喝くらいじゃないのでしょうか・・・

そのケースはさすがに警察に相談でしょうね。


スポンサーリンク



メルカリの評価システムを確認


前述したよくある相談3点にしぼって考えると
メルカリの評価システムがよくできてるなって思います。

購入者側からの話ですが
違う品物が送られてきたり
購入したものが使えなかったりした場合
出品者の評価をする前に、連絡をとることが重要です。

出品者は、購入者からの評価後でないと
購入者を評価できませんし、売上金の受け取りができません。

評価されなければ、出品者から連絡がくることだってあり得ます。


それでも対応してもらえないようであれば
メルカリの運営事務局に連絡しましょう。


このシステムではしっかりと商品を発送しているのに
評価をしてくれない購入者がいたらと不安になりそうですが
それはこちらの記事で紹介しています
>>>>メルカリでのトラブル 評価の重要性


>>>アプリインストールはこちらから
招待コード
VYDGSW入力で300円分のポイントが入ります!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

メルカリ 専用にしても買わない人がいる・・・

メルカリを利用していくと、やましい点も結構出てきます。
その1つに「専用ページを作ったのに買わない人がいる」
という事例も実際に起きているようです。


専用ページを作る意味


専用ページを作る理由としては2.3考えられますが
まずその1つに、複数同じ商品を出品している場合の
ばら売りに対応しやすい点ですね。

例えば、同じ商品を10個出品していた場合で
3個買手がついたケース。

3個分の専用ページをつくり、既存の出品内容を7個に変更するだけで
対応がとれてしまうということ。



もう1つは、すぐに購入手続きは進めないけど
取り置きしてほしいとお願いされるケース。

別の問題で、コメント無しの即購入NGなどの記載もあるため
コメントと一緒に専用ページ作成の依頼をされるケースもありますね。

実際に、コメント無し歓迎の記載がある中、コメントを残して
返信を待っていた購入者さんが、先に違う方に購入手続きをされてしまう
なんていうトラブルも起こっているようですが
あくまでもこの専用ページは利用者間の独自のルールであって
メルカリ利用規約に記載されているものではないので注意してください。


スポンサーリンク



専用ページを作ったのに買ってくれない!


専用ページを作ったのに買わない人がいる。
というトラブルも起こっているようです。


専用の意味が「取り置き」に近いものがあるのであれば
一般のお店でも行われているようなイメージで
取り置きに期限をつけてただ待っているだけになります。

その間に、購入予定の気持ちが変わって買わない人も中にはいるのかもしれません・・・・


特にお金のやり取りは発生していないので
さほど大きなトラブルとはならないとは思いますが
気持ちのいいものではないですよね(汗


結果、取り置きには応じない旨を説明してあげるのも
ひとつのトラブル回避方法かもしれません。

即決できる購入者さんもいるはずですからね。


もう1つは、専用ページが見つからない。ということも考えられます。

例えば、専用ページを新規で作成して
もともとあった商品情報を削除してしまったりすると
専用ページにたどり着けない購入者さんもいるようです。

しっかりと、専用ページを作る話や、
検索ワードについても知らせておくべきですね!


ただ、むやみに既存の商品情報を残しておくと
前述したように、先に購入手続きを済まされてしまうと
これもまたトラブルになりかねないので、難しいとろこですが・・・


>>>アプリインストールはこちらから
招待コード
VYDGSW入力で300円分のポイントが入ります!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

メルカリでキャンセルしたときのペナルティはある?

よく質問にも上がる、メルカリで取引をキャンセルしたときに
ペナルティがあるのか??

そもそも、キャンセルをすることを前提に
取引をする人もいないと思うので、
どうしてもキャンセルをしなければいけない状況のときに
ペナルティを受けてしまうのか心配する人がいるのが現状のようです。



取引キャンセルの流れ


まずは、購入者目線でのキャンセルが起こりうる可能性ですが
メルカリのルールでは基本的に
購入決定→入金→入金確認後に発送される→商品が届く

まずはここで買った商品が手元に来ますが
入金前までのキャンセルであれば
出品者も商品を発送していないので
がっかりはしますが、再出品すれば痛手はおいません。

商品発送後または、商品到着後のキャンセルに関してが問題です。


キャンセルということは基本、返金・返品の手続きをとりますので
購入者は出品者を評価しません。

評価をしてしまうとメルカリ事務局から出品者への支払いが可能になるからですね。

ということは逆に、出品者は購入者を評価することはできませんので
購入者がキャンセルを繰り返していたとしてもなかなか気付かないのが現状のようです。


出品者目線でのキャンセルが起こりうる可能性に関しても
虚偽の商品情報を記載していることが前提の出品者もいないと思うので
買い手が付いた後に、商品情報と違ったことに気付いた場合くらいですかね?

もしくは、あまりあっちゃいけないのですが別のサイトで高く売れたとか・・・?


こちらも同じ流れで、商品の発送がされなければ
購入者からのキャンセルがくると思うので特段評価の付きようがないのが現状です。


スポンサーリンク




ペナルティを受けることはある?


実際にペナルティを受けたことがないので
すでに出ている情報をまとめるにとどまりますが
メルカリ事務局に通報が行き、悪質だと認められた場合は
利用停止のペナルティが課せられるようです。

アカウント停止とい言葉はあまり出てこなく
○○の期間利用停止という内容のものが多いので
そこまで厳しいペナルティとはなっていないようですね。


また、ペナルティを受けることが多いのは
出品者側のようで、禁止事項を守らないでの出品に対して
注意勧告がいくようです。


前述したように、なかなか購入者のキャンセルを
明確に取り締まるシステムがないので
どちらかというと購入者よりの流れがあるかもしれませんね。


>>>アプリインストールはこちらから
招待コード
VYDGSW入力で300円分のポイントが入ります!

メルカリ 専用ページの作り方

メルカリを利用しているとよく目にするのが
「○○様専用」といった内容の商品。

逆に出品していても購入希望者から
専用ページの作成を依頼されるなんていうケースも。


メルカリの利用規約には記載されていない独自のルールですが
専用ページの希望があった場合には、作り方は簡単なので知っておきたいですね!


専用ページの作り方


専用ページの作り方はいたってシンプルです。

すでに出品している商品情報の編集を行い
タイトルに「○○様専用」と記載する形で大丈夫です。

また、写真や画像編集をして
画像加工で○○様専用としている方もいますが
これも一目でわかるわかりやすい方法のひとつだと思います!


それと、新たに専用ページを作るという対応の仕方もあります。
ただこの場合注意しないといけないことは、
新しく専用ページを作る旨を購入希望者に伝えてからでないと
専用ページにたどり着けないケースもあるので
しっかりと連絡を取り合った後に新しく作ることをお勧めします。

結果、専用ページを作ったのに購入してくれないなどといった
トラブルに発展する可能性も出てきてしまうので・・・



スポンサーリンク




専用ページでの注意点


メルカリの利用規約にないということは・・・
横取りができてしまうわけですね。


「取り置き」というシステムよりも
「購入」という行為が優先して権利が発生してしまいます。

しかも規約に載っていないだけに、始めたばかりの利用者だったりすると
悪意なく・・・なんてこともあるかもしれません。


結果、不測のトラブルに悩まされるようであれば
専用ページの利用自体を控えるというの1つの方法かもしれませんね。


ただ、同じ商品を複数出品している場合で
バラ売り対応しているケースなんかですと
新しく専用ページを作る方が取引がスムーズなので
意外と役立ったりもしちゃうんですけどね。

このあたりは悩ましいところですが
いずれにしても、専用ページ自体がシステム化されているわけではないので
細心の注意をしながら作ったほうがいいかと思います。


>>>アプリインストールはこちらから
招待コード
VYDGSW入力で300円分のポイントが入ります!

らくらくメルカリ便での時間指定は可能か?

らくらくメルカリ便での発送は
ヤマト運輸が提携しているため
基本的にはヤマト運輸の規定通りのサービスが利用できますので
時間指定が可能なものとそうでないものがあります。



らくらくメルカリ便の種類は?


まずはらくらくメルカリ便にはどんなものがあるのか。

・ネコポス
 料金:全国一律195円
 サイズ:角形A4サイズ、31.2㎝×22.8㎝以内の厚み2.5㎝、重さ1㎏まで。


・宅急便コンパクト
 料金:全国一律380円 別途専用の箱(65円)が必要
 サイズ:専用BOX 縦25cm × 横20cm × 厚さ5cm(外寸)
     専用薄型BOX 縦24.8cm × 横34cm(外寸)
     重量の制限はないようです


・宅急便
 料金はサイズと重さに応じて(以下一覧)
 
 サイズ 荷物の大きさ 重さ   料金
60サイズ 60cm以内 2kgまで   600円
80サイズ 80cm以内 5kgまで 700円
100サイズ 100cm以内 10kgまで 900円
120サイズ 120cm以内 15kgまで 1000円
140サイズ 140cm以内 20kgまで 1200円
160サイズ 160cm以内 25kgまで 1500円




スポンサーリンク





宅急便とコンパクトが対応・ネコポスは不可


さて、時間指定に関してですが
宅急便と宅急便コンパクトは時間指定が可能です。

ネコポスは時間指定は対応していません
いずれの3種とも追跡サービスが可能です。

そもそもらくらくメルカリ便では
いちいちヤマトの追跡サービスを開いて
荷物番号を入力しなくても、取引画面から
配送状況を確認できるところもメリットのひとつであります。



ただ、コンビニでの対応がまだのため
どうしてもヤマトの営業所に足を運ぶ必要があります。

コンビニでも宅急便が使えるところもありますが
らくらくメルカリ便には対応していないということです。


発送するものによっては、らくらくメルカリ便を使うよりも
安く発送できる方法もありますが、
その場で送料を支払わなくて済むといった手軽さも魅力のひとつですね!!


>>>アプリインストールはこちらから
招待コード
VYDGSW入力で300円分のポイントが入ります!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

らくらくメルカリ便 住所を教えたくない!

らくらくメルカリ便で住所を匿名に


アプリの特性上、個人間の取引がおおくなってくるだけに
発送や購入時に自分の住所を開示したくないといった要望も多いようです。

どちらかというと購入時には、欲しい気持ちが先行するので
たいして気にはならないのですが(個人的見解です笑)
やっぱり自分の個人情報をそのまま出すということに
抵抗を感じる方は多いみたいですね。


ひとあし先にLINEモールでは匿名配送がスタートしていましたが
少し遅れてらくらくメルカリ便も対応となっています。


匿名のLINE配送では中継にエスパス フェリシモが入り
フェリシモに到着した商品を、配送番号を元に購入者の配送先情報と紐付けて、
購入者宛の発送伝票を発行し、伝票を貼り替える。


らくらくメルカリ便ので匿名サービスも似たような形で
ヤマト運輸が中継に入り、そこで伝票を張り替えるシステムのようです。

この匿名配送サービスは、メルカリやLINEモールに限らず
取引サイトなどではよく利用されることが多いようです。

特に女性の方や1人暮らしの方には安心のサービスとなるでしょう。


ただ、らくらくメルカリ便の匿名サービスは現在
試用期間のようなもので使える方が限定されています。

いずれはみんなが使えるようになると思いますが
注意してください。



スポンサーリンク




らくらくメルカリ便のやり方


まずは出品時には「送料込み(出品者負担)」を選択します。
次に配送方法で「らくらくメルカリ便」を選択。

商品が売れた後は、取引画面から商品の発送方法に入ります。
そこで、配送用2次元コードの作成を行いサイズを確定します。
QRコードが完成したら、ヤマトの営業でネコピットに
作成したQRコードを読み込ませませす。

あとはその情報を送り状として印刷するだけなので
宛名書きが必要ないのも楽なところです。

発送が終わったら取引画面より発送通知を、
その後は取引画面で配送状況が確認できるという優れもの!


もう一つ注意が必要なのが
らくらくメルカリ便の発送料金は売上金からの差し引きになるので
間違ってヤマト窓口で支払いをしないようにしましょう。



>>>アプリインストールはこちらから
招待コード
VYDGSW入力で300円分のポイントが入ります!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

メルカリの手数料は高いのか?

メルカリの手数料10%は高いのでしょうか??


プレオープン期間から利用されている方にとっては
無料期間を経験しているだけに高く感じるでしょう。

しかし、手数料無料の期間が終わって1年ちょっと経った今では
初めて利用する方は、最初から手数料10%というのがわかりきっているので
そう高くは感じないんじゃないかと思います。

ただ、出品してせっかく売れた商品代金の10%持っていかれるわけですから
そう考えるとちょっともったいない気がしますね汗


実際に他のサイトと比較してみるとどんなものでしょう。


よく比較されるヤフオクは
送料が出品者負担・・・落札価格の5.40%(税込)

送料が落札者負担
1,000円以上のオークション・・・落札価格の5.40%(税込)

999円以下のオークション・・・54円(税込)

楽天オークションも同じく5.4%


その他、後発のフリマアプリには手数料無料のところもありますが
古くからあるアプリですと10%はかかっています。




スポンサーリンク



手数料がかかることの安心感


メルカリの手数料無料期間というのは
プレオープンという形式をとっていたことと
アプリ開発者側の宣伝広告費だったということですね。

まずは認知度を高めて市場に入りこみ、利用者を増やさないことには
会社の経営自体がまわらなくなってしまいます。

手数料無料のプレオープン期間を終えた現在も
フリマアプリの中では圧倒的なダウンロード数を誇っているのは
現在でもしっかりとしたシステムで取引が行われているからではないでしょうか。


また、利用者数が多いということは購入者側にとっては
欲しい商品が見つかりやすいというメリットがありますし
出費者側としては商品の売れる可能性が高いということになります。

どこに出しても間違いなく高額のつきそうな商品であれば
メルカリを使うよりもヤフオクなどを使うと思いますし・・・

手数料がかかることで安定したフリマ市場を提供してもらえるなら
今まで売るに売れなかったようなものも、気軽に出品できますからね!
あとは価格設定をしっかり行えば問題ないかと思います。


出品に関する関連記事はこちら
>>>メルカリで出品する


>>>アプリインストールはこちらから
招待コード
VYDGSW入力で300円分のポイントが入ります!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
スポンサーリンク

目次
開放F値の値

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。