So-net無料ブログ作成
検索選択
メルカリ トラブル ブログトップ
前の10件 | -

メルカリ トラブル 定形外でのリスク

メルカリを利用する際、出品する側でも購入側でも
送料を抑えるということは双方の利益につながること。
定形外郵便でのトラブルについて今回は考えてみようと思います。

定形外普通郵便の場合、料金差が寸法と重量のみになる点で
費用を抑えることが可能であるため、よく利用されるだけに
そのリスクや注意点も考慮しておきたいところですよね!

どういった点に注意をしておけば安心でしょうか。


定形外普通郵便のデメリット


メルカリに限らず、定形外普通郵便は
料金の安さから色々なサイトでも発送方法として
選択されるケースが多いようです。

ただ、料金が安いゆえに配達記録がつかなかったり
配送事故の場合の補償がなかったりとデメリットも出てきます。

また、質問も多くあがっているものが
定形外郵便がポストに入らなかった場合。

これには地域によっても多少対応が異なるようですが
普通郵便は定形外であっても基本はポスト投函です。

実際にあった話などを聞いていると
玄関先に置きっぱなし
袋に入れてドアにかけてあった   などなど

ちょっと衝撃的な話でした(汗


それでも1番多かった対応としては
不在通知が入っていて再配達してもらえるということ。
私の場合もそんな感じの対応をしてもらっていますね。


スポンサーリンク


メルカリ内での定形外郵便でのトラブル


こういった話が出てくるということは
定形外郵便で発送された商品が届かない
というトラブルにつながっているのだとは思いますが

出品者が間違いなく発送していて
購入者の手元に届かないのであれば
配送事故扱いになってしまいます。

当然補償はきかないので、どうにもなりませんが
調査はしてくれるということは以前ご紹介させていただきました
>>>詳細はこちら

確実性を取るのであればやはり追跡サービスがあるものや
配達記録がある配送方法を選択するしかなさそうですね。


また、普通郵便の場合には多少配達に時間がかかることもあります。
差出場所と受取場所が離れていれば当然時間もかかりますし
メルカリの発送予定はあくまでも発送予定であることを確認しておくべきです。

配達予定としてみてしまうと日数の誤差は結構出てしまいますからね。




>>>アプリインストールはこちらから
招待コード
VYDGSW入力で300円分のポイントが入ります!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

メルカリ トラブル 売上金が受け取れない

メルカリは安心のフリマアプリとして
お金のやり取りの仲介として
メルカリ運営事務局が介入します。


当然、購入者から出品者への未払いがないように
管理することも重要ですが
流れ作業のように売上金を出品者に
振り込んでしまうと、トラブル時の対応が
ややこしくなってしまうということで
売上金を受け取るためにはいくつかのステップがあります。

今回は売上金を受け取るまでの流れについてご紹介します。


売上金の受け取り方


サイドメニューから設定を選択し
売上金の振込み申請を行うだけなのです。

売上金が211円以上あれば申請が可能になります
これは、1万円未満の振込みの場合に
振り込み手数料が210円発生するからとのこと。

ただし注意しなければいけないのが
売上金には1年という振込み申請期限があるということ

申請金額が1万円以上の場合
振込み手数料もかからないので
古いものから順番に申請していったほうがいいですね。


スポンサーリンク



売上金が受け取れない


売上金が受け取れないといった内容のものや
詐欺じゃないかといった内容のものも
過去には挙がっていたようですが
現在ではしっかりとルールどおりに行っていれば
特段問題はないように感じています。

ただ、前述した申請期限がきれてしまったりすると
売上金が手元にこないことと同じなので
詐欺のように感じてしまうかもしれません。

仮に1年を過ぎてしまった売上金はどこに行くのかは謎ですが(汗
同じお金なんですけどね・・・

また、受取評価がされていないというケースもあり得ますが
今回は「売上金」の振込み申請に関することなので
>>>詳細はこちらで紹介しています。


振込み日は2日しかない


メルカリ内での売上金の振込み日は月に2回しかありません。
これもまた少し少ない気もしますが
しっかり確認しておくことで
安心した利用に繋がると思います。

1日~15日までの申請に関しては
16日から起算して4営業日目。

16日から月末までの申請に関しては
翌月の4営業日目。

1日に申請すると最大で22日待つことになるので
初めて売上金を申請する場合だと
本当に振り込まれるのか少し不安になってしまう日数かもしれませんね(汗



>>>アプリインストールはこちらから
招待コード
VYDGSW入力で300円分のポイントが入ります!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

メルカリ トラブル 電話対応はなし!?

メルカリにかかわらずですが
仲介サイトが入る取引の場合
トラブルが起こってしまったら
メール問い合わせや電話問い合わせというのは
一般的のように感じていましたが
メルカリでのトラブルに関しては
電話対応がないという話がよく出ています。


電話番号が記載されているのに対応無し??


実際にトラブルが起きてしまった場合
当事者間でのトラブル解決
というのがメルカリの利用規約にも記載されていますが
トラブルに巻き込まれてしまった側としては
できる限り早く対応してほしい。

しかも連絡先が分かるのは
商品発送の伝票に書かれているか
または電話番号が必要な宅急便での発送にした場合。

それ以外ではメルカリ内での対応をお願いするしかありません。

それだけでは不安はぬぐえないということで
おそらく電話番号を調べる方は多いと思います。


実際に、ホームメニュー→ガイドとすすんで
特定商取引法の中に、メルカリの会社情報として
電話番号も記載されています。


ただ、実際に問い合わせを行うと
トラブルに関しての問い合わせは
お問い合わせフォームから
という旨を伝えられて電話は切られてしまうそうです。


ではどのように解決していけばいいのでしょうか・・・


スポンサーリンク



問い合わせフォームからのみの対応


メルカリを運営していく中で
トラブルに関する解決方法も
ある程度マニュアル化されているのではないか。

その中で、電話対応をしてしまうと
相当な人件費を確保しなければならず
現在の手数料では厳しいのでは・・・

と勝手に考えています。


会社情報としては、法律を守るために
事務所に連絡先等の登録が必要で
それを記載しているだけにすぎず
実際には自動音声にて問い合わせフォームに
誘導している感じに見えますね。


あくまでも当事者間での解決とはなっていますが
すべてのトラブルに対して対応されないわけではないので
まずはメルカリの運営方針に従って
問い合わせフォームからの連絡をしてみてはいかがでしょうか。


もちろんトラブルが起きないことが1番なのですが・・・




>>>アプリインストールはこちらから
招待コード
VYDGSW入力で300円分のポイントが入ります!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

メルカリ トラブル 横取りはマナー違反?

メルカリのトラブルでよく聞く「横取り」について。
そもそもフリーマーケットという市場において
横取りというもの自体が存在しないのですが・・・

相対取引ではなく、アプリを介してというところに
多少の難しさは感じてしまいますね。

なので今回は、横取りが起きてしまうケースと
横取りされるのを防ぐケースを調べてみます。



横取りが起こる場合と防ぐ方法


まずは「横取り」が起こってしまうケースなのですが
個人的には出品者の独自ルールが先行してしまっているのが
ひとつのポイントになっているのではないでしょうか?

そのひとつが
「即購入の禁止」「コメントなし購入禁止」というもの
詳細については>>>こちら

コメントをしてから・・・というタイムラグが発生する間に
その商品が購入されてしまうケースですね。

もうひとつが「専用出品」
「○○様専用」と書かれた商品ですね。

どちらのケースもメルカリ運営事務局の見解は
最初に購入した人と取引をする仕組み
と利用規約に書かれています。


購入した人からすれば、
出品されていたものを最初に購入しただけ・・・
ただし、出品者の意図は汲んでない。
という状況にすぎません。

これが元で別のトラブルに発展してしまうケースもあり得ます。
詳細については>>>こちら


このような横取りを防ぐ方法として
最近よく目にするのが、専用出品の画像が
全く関係のない風景がであったり、
文字だけのものをよく見かけますが
なるほどなー!って思います。

要するに○○様専用なわけですから
その人にだけ伝われば問題ないのです。


即購入の禁止については
今のところ防ぎようがない気がしますが
何かいい方法があれば教えてください(汗



スポンサーリンク



横取りはマナー違反?


前述したように、横取りが起こりうるのは
独自ルールを元にした取引になっているから
という個人的見解なのですが、
この独自ルールはこのブログでも紹介しているように
出品者自身が余計なトラブルに巻き込まれるのを
防ぐ方法のひとつだと考えています。

ただ、メルカリの利用規約に当てはめると
マナー違反になってしまうのは出品者の方なのかも(汗

それでも、出品者の意図を汲んで
取引をすすめていく・連絡を取っていくというのも
購入者の人にとっては必要なのではないかと思う。

せかっく気に入ったものが見つかって
購入の意思へとつながるわけですから
お互いに気持ちよく取引が終われるように
多少の譲歩は両者必要になってきますね。


いずれの場合にしても
横取りというトラブルが消えてくるのが1番ですし
より安心できるフリマアプリとして確立していくのではないでしょうか!


>>>アプリインストールはこちらから
招待コード
VYDGSW入力で300円分のポイントが入ります!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

メルカリ トラブル 即購入を禁止する理由

メルカリ内での商品ページやコメントなどで
トラブルを防止するために即購入を
禁止している出品者さんもいるようですが
逆にこれがトラブルの原因となるケースもあるようです。


そもそも、メルカリの利用規約には
即購入の禁止は謳われておりません。

ではなぜ即購入の禁止・コメントしてから購入という
ルールができてしまったのか・・・


取引トラブルの回避のため


まず考えられるのが取引トラブルの回避のためですね。

出品者が購入者を選ぶシステムとも捉えられます。
過去にトラブルがあった購入者さんですと
評価が悪かったり、また評価が少なかったりも
取引をスムーズにすすめる上で重要な選択基準になっているようです。

こう書くと、初心者さんはなかなか購入しずらいようにも感じますが
即購入禁止であれば、コメントをしてからの購入手続きをすれば
なんら問題ないとも思います。

お互いに気持ちのよい取引をするためにも
我を通しすぎないことも1つのポイントになりそうですね。


即購入禁止の理由としては、もうひとつ。


別のフリマアプリでも出品している場合ですね。
もちろん販売ルートを増やすことは特段問題はないと思いますが
重複購入をされてしまうとトラブルになりかねません。
それを避けるためにまずは買う意思のある人が現れるのを
確認するためにコメントを残してほしいということでしょう。



ただ、このルールがメルカリの規約ではなく
独自のルールだということが問題のようで
これがトラブルの原因になることもあります。


スポンサーリンク



商品が発送されない


トラブル事例を調べていたら出てきたのですが

商品の購入手続きをしたのに商品が発送されなかった。

というトラブル。


出品者さんとの連絡もとれたのですが
即購入禁止のルールを守ってもらえなかったため
発送はしていません。

ということ。


このトラブルのケースだと
メルカリ利用規約に照らし合わせて違反しているのは
出品者側になります。

それでも、商品が発送されないのであれば
購入者さんも身動きがとれません。

あまりにも悪質であれば、アカウントの停止等の罰則も受けるようですが
実際、出品者さんも余計なトラブルには巻き込まれたくないのも事実。


どちらが正しいという論争をするよりは
どうしたらスムーズに取引をできるのか。
という点に焦点をしぼったほうが
解決は早いのではないかとも思ってしまいます(汗



>>>アプリインストールはこちらから
招待コード
VYDGSW入力で300円分のポイントが入ります!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

メルカリ トラブル 住所が原因の事例

メルカリを利用する上でのトラブルに
住所が原因になるケースも出てきます。


もちろん普通に利用している分には
全く問題ないのですが、
不安を持っている方の多くが
出品者に住所を教えることに抵抗がある。
といった点でしょう。


それ以外にもどういったケースでトラブルになるか
少しまとめてみたいと思います。


匿名配送システムは可能か?


LINEモールではすでに匿名配送システムは確立しています。
遅れてメルカリでも対応し始めましたが
今はまだ試用運転中ということで
限定された人しか使えないようです。

将来的には利用者全員が使えるようになりそうですが
システムの都合上、料金がかかる可能性も考えられますね。

メルカリの特性上、個人対個人の取引がほとんどですから
購入者が一方的に住所を教えるということに
抵抗があってもおかしくありません。

購入者が出品者の住所を知るのは
商品が届いたときですからね。


また、その伝えた住所が悪用されないか等
心配の範囲は広がってしまいます。

もちろん最初から住所を悪用しようとおもって
メルカリを利用する人もいないでしょうから・・・
問題はないとは思いますが
人と人の取引ですから
最後まで気持ちよく取引を終わらせられるよう
変なことはしないほうが無難でしょうね。



スポンサーリンク



住所記載ミスのトラブル


購入者が出品者への住所を伝え間違えた場合。

どんなに出品者が一生懸命配送したとしても
送り返されることがあると思います。

また、ポストインでの発送方法を選択した場合
配送事故にもなりかねません。

送り返されてしまった場合は、送料負担が2回かかるので
購入者の負担も増えてしまいます。

確実に住所は間違えず伝えるように気を付けましょう。


また、出品者も住所の記載ミスが無いように
発送時には気を付ける必要があります。

どうしても不安な場合であれば
対応できればらくらくメルカリ便が1番安心ではないでしょうか。
伝票を書く必要がないので、出品者側の記載ミスという疑いは
免れることになりそうですしね。

もちろん住所記載ミスでの2回目の送料にかんしては
出品者の方負担してくれることが当然と考えていますが
できる限りスムーズに取引するためには
気を付けることが1番だと思います!!


ちょっと住所トラブルとは違いますが
私の家によく、違う人の家の荷物が届きます・・・(汗

某運送会社の事業所に確認したところ
配達員さんがずっと勘違いをしていたそうで
私の家を、よく間違って届く人の家だと思っていたそうです(汗

こんなこともあるんですよね。


>>>アプリインストールはこちらから
招待コード
VYDGSW入力で300円分のポイントが入ります!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

メルカリ トラブル 出品者と連絡が取れない

メルカリを利用していてのトラブルで
購入手続き後、商品が届かい例がありましたが
出品者との連絡が必要になるケースはこれ以外にも
違う商品が届いた場合や、届いた商品が使用できない場合。
傷、痛み具合が商品情報とかけ離れている、なんてこともあるようです。


実際トラブルに発展してしまう場合のほとんどが
まずは出品者との連絡をとること。

これはメルカリ利用規約にも記載されているとおりで
当事者間の解決が先決です。


ただし、連絡が取れないようであれば
はやめにメルカリ運営事務局に連絡することも覚えておきましょう。


受取評価はしてはダメ


これについては繰り返しの内容になってしまいますが
受取評価をした時点で、メルカリから出品者への
売上金の支払いが可能になるからですね。

キャンセル・返品・返金希望の場合は
当然ですが、受取評価をしないことが大前提になります。

届いた商品はしっかり確認してから
受取評価は行ってください。


出品者と連絡が取れなくて受取評価をしない場合は
運営事務局に連絡することも忘れずに。


スポンサーリンク



独自ルールにより未発送


出品者とのトラブルの中には
独自ルールを前提とした未発送というのもあるようです。

これは出品者と連絡が取れないとい内容とは少し違うかもしれませんが
参考までに。


プロフィールや商品情報の中に
コメント無し即購入NG
購入前にコメントください

などの記載がある場合で、これを見落として購入手続きをした場合
出品者の方が発送してくれないとったケースもあるようです。


購入前のコメントは、購入者さんの評価状態であったり等を
確認するために発生した独自ルールのようですが
これはこれで、出品者側が取引トラブルを避けるための方法ともとらえられます。

ただあくまでも独自ルールであって、メルカリの利用規約には記載されていません。


発送しなかったり、連絡をとらなかったりするのはマナー違反となってしまうので
注意してください。


あまりにも悪質であると判断された場合
利用停止なのどのペナルティもあるそうなので
きちんとした対応が求められますね。


どちらも気持ちよく取引するためには
ある程度どちらも譲歩する気持ちも大切なのかもしれないですね!!



>>>アプリインストールはこちらから
招待コード
VYDGSW入力で300円分のポイントが入ります!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

メルカリ トラブル 商品が届かないときは?

メルカリを利用していてのトラブルで
商品が届かない。ということがあるようです。


購入したのに商品が届かないとなっては
いくらアプリだからといっても
お金のやり取りもありますし
不安になってしまいがちです。


まずは、商品が届かない可能性を考えてみましょう。


出品者が発送していない


商品が届かない場合はまず
出品者に連絡を取ってみましょう。
まだ発送していないということもあり得ます。

というのも、出品者は商品を出品する際に
発送までの日数を指定します。
1~2日
3~4日
4~7日

これらの中から選択するのですが
気を付けてほしいのは
発送予定の日数ということ。

例えば、購入者がこの発送予定4~7日というのを見て
1週間経ったけどまだ商品が届かないということであれば
発送したのが7日目であればその次の日か2日後に届くことを
想定しなければいけません。

この時点では出品者側としても特に問題はない状態です。


これよりもトラブルになりがちなのは
出品者と連絡が取れない場合。


この場合は早めにメルカリ運営事務局に
連絡をしてみることをお勧めします。

その間にも、悪い評価をつけたいという思いから
受取評価をしてしまわないように注意してください。

出品者は受取評価がされるまでは売上金の支払いを受けられませんので。
評価システムに関してはこちらの記事で。
>>>評価システムの重要性


スポンサーリンク



発送事故の可能性


これはこれでまたどうにもならないケースがありますね。

特に送料込み(出品者負担)の場合であれば
発送方法も1番安いものを選んで当たり前というこです。

そうなってくると当然、追跡サービスがなかったり
荷物の補償もないケースが多いと思います。

それでも、郵政のサービスには調査というものがあり
配達経路をたどって調査はしてくれるものの
荷物に関しては送料負担というのが現状のようです。


購入者負担になることは多いですが
安心なのは追跡サービスがあるものが便利ですね。

もうひとつ、らくらくメルカリ便には
配送状況がわかるメリットがあるので
らくらくメルカリ便を選択してもらうのも
ひとつの方法かもしれません。


できれば、この手のトラブルには当たりたくないですから
出品者として利用する際には
しっかりと発送までの管理をしたいものですね!


>>>アプリインストールはこちらから
招待コード
VYDGSW入力で300円分のポイントが入ります!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

メルカリのトラブルで警察が介入しそうなケース

メルカリを利用していく中で、トラブルに関する検索が多いようですが
その中でも特に目についたのが「警察」というキーワード。

なんだか、トラブルと警察の組み合わせっていいイメージはないですよね(汗

もし、これからメルカリを始めようと思って
「トラブル 警察」なんて出てたら少し身構えちゃいますし
実際、警察が介入するようなトラブルが起こるのかどうか・・・


簡単ではありますがまとめてみます。



メルカリのトラブルで警察が介入しそうなケース


アプリを通しての商取引で警察が介入しそうなトラブルを
考えてみたのですが・・・
なんとも思い当たるところがありませんでした。

実際に警察に相談がよくあるといわれる内容は

違う品物が送られてきた
購入したものが使えない
相手と連絡がつかない


この3点が非常に多いようです。

たぶんお気づきの方もいると思いますが
警察の出る幕ではないのが現状です。


可能性としては、購入手続きを済ませ
発送先を出品者に教えたあとの
恐喝くらいじゃないのでしょうか・・・

そのケースはさすがに警察に相談でしょうね。


スポンサーリンク



メルカリの評価システムを確認


前述したよくある相談3点にしぼって考えると
メルカリの評価システムがよくできてるなって思います。

購入者側からの話ですが
違う品物が送られてきたり
購入したものが使えなかったりした場合
出品者の評価をする前に、連絡をとることが重要です。

出品者は、購入者からの評価後でないと
購入者を評価できませんし、売上金の受け取りができません。

評価されなければ、出品者から連絡がくることだってあり得ます。


それでも対応してもらえないようであれば
メルカリの運営事務局に連絡しましょう。


このシステムではしっかりと商品を発送しているのに
評価をしてくれない購入者がいたらと不安になりそうですが
それはこちらの記事で紹介しています
>>>>メルカリでのトラブル 評価の重要性


>>>アプリインストールはこちらから
招待コード
VYDGSW入力で300円分のポイントが入ります!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

メルカリでのトラブル 評価の重要性

メルカリを利用していく中で、重要になってくる評価システム
これが元でのトラブルも多発しているようです。


受取評価をしてもらわないと売り上げが入ってこない


出品した商品が売れた場合、購入者からの支払金は
メルカリ事務局によっていったん留保されます。

メルカリ事務局で入金の確認が取れるとメール連絡にて
出品した商品を発送してくださいという旨が送られてきます。


出品者側が迅速に商品を発送したとしても
購入者が受け取った後に、受取評価をしてくれない
メルカリ事務局から売上金を引き出すことができません。

これもひとつトラブルの可能性を秘めています。


しかし心配になるのが、受取評価をしてもらえないと
せっかく売れた商品の代金が、手元に来ないのでは??
となってしまいますね。


そんな場合の対処法もしっかりと準備されているようです。

<スポンサーリンク>





メルカリ運営事務局の自動評価で対応


まずは、一定期間すぎても受取評価がされない場合は
運営事務局に連絡してみてください。

普通に、「受取評価してもらえないです」と伝えれば大丈夫のようです。


運営事務局は、対象の購入者に対して
受取評価を催促する趣旨のメールを送り
一定期間過ぎると、出品者を自動で評価してくれるようです。


ただし、運営事務局に連絡する前に購入者に連絡することが必要になります。
もしかしたら、何らかの理由があって受取評価をしないということも考えられるので・・・

その場合は、不良品だったのか・商品が違っていたのかなどなど
トラブルの要素も含んでいるからですね。


故意的に受取評価をしないというケースも考えられるため
受取評価をしないということが繰り返される購入者には
利用停止等のペナルティが科せられる場合もあるようです。


評価システムの使い方


もちろん評価システムは入出金の管理のためだけに使うものではなく
これは他オークションサイトなどもで取り入れられているため
良評価が多い方には安心感が出ますよね。


結果、出品した際にも購入率の向上にもつながりますし
何かを購入したい場合も相手も安心して取引できると思います。


この評価システムが全てではないと思いますが
取引前の確認として、トラブルを未然に防ぐに値することもあります

関連記事はこちら↓
>>>トラブルの注意点と対処法


ひとまず、購入された代金は手元にこないということは無いようです。



>>>アプリインストールはこちらから
招待コード
VYDGSW入力で300円分のポイントが入ります!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | - メルカリ トラブル ブログトップ
スポンサーリンク

目次
開放F値の値

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。