So-net無料ブログ作成
検索選択

メルカリ 発送方法 定形外郵便のメリット・デメリット

メルカリでの取引において
発送方法の選択肢に定形外郵便があります。

今回は「定形外郵便」のメリット・デメリットについて
確認していこうと思います。



定形外郵便のメリット


そもそも定形外郵便とは・・・で検索してみると

危険物や生物、お金以外なら何でも送ることが出来る。大きさは一辺の長さが60センチ以内で、縦、横、高さの合計が90センチ以内。重さは4キロまで。料金は重さによって120~1150円

と出てきます。

日本郵政のサービスで、定形郵便外のものってことですね!!

・・・

理屈はわかったのですが、結局何がメリットなのかわかりません。
おそらくは危険物や生物、お金以外なら何でも送ることが出来る
ここが1番ポイントになってくるのでしょうか?

それともやっぱり料金システムでしょうか。

定形外郵便の料金は重量制になっているので
重くなればなるほど料金が高くなっていきます。


実はこの2点とも微妙に違うという結果に至ったのですが
個人的な見解としては

・全国どこでも一律料金
・切手支払いができる

ここに集約されるように感じます。


ポスト投函が可能でかつ
全国どこでも一律料金であれば
取引相手との送料のやり取りも簡単ですし
送料込みで出品する際も
あらかじめ計算しておくことが簡単といったところでしょうか。


続いてデメリットについて。


スポンサーリンク



定形外郵便のデメリット


やはり料金が安いということもあって
保障がついていません。
配送途中での事故に関して返金されることがないわけですね。

発送する商品が重くなってくると
ゆうパックとの価格差も少なくなってくることから
選択の幅が広がってきます。
送料として最安値は選べなくなってきてしまいますが
やっぱりトラブルを少しでも減らすためには
保障があるにこしたことはありませんからね。

500g超あたりからはサイズにもよりますが
小さくて重い商品には
レターパックライト
レターパックプラス
この2点の利用も比較的安く抑えられます。

この話になってくると普通郵便(定形外郵便含む)から
特定郵便にかわってくるので今回の主旨とは変わってしまいますが。

デメリットとしてまとめるのであれば
定形外郵便を発送方法として選択できる
商品の幅が少ない。
といったところでしょうか。


あくまでも1つの考え方なので
参考にしていただければと思います。



>>>アプリインストールはこちらから
招待コード
VYDGSW入力で300円分のポイントが入ります!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スポンサーリンク

目次
開放F値の値

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。