So-net無料ブログ作成
検索選択

メルカリ トラブル 定形外でのリスク

メルカリを利用する際、出品する側でも購入側でも
送料を抑えるということは双方の利益につながること。
定形外郵便でのトラブルについて今回は考えてみようと思います。

定形外普通郵便の場合、料金差が寸法と重量のみになる点で
費用を抑えることが可能であるため、よく利用されるだけに
そのリスクや注意点も考慮しておきたいところですよね!

どういった点に注意をしておけば安心でしょうか。


定形外普通郵便のデメリット


メルカリに限らず、定形外普通郵便は
料金の安さから色々なサイトでも発送方法として
選択されるケースが多いようです。

ただ、料金が安いゆえに配達記録がつかなかったり
配送事故の場合の補償がなかったりとデメリットも出てきます。

また、質問も多くあがっているものが
定形外郵便がポストに入らなかった場合。

これには地域によっても多少対応が異なるようですが
普通郵便は定形外であっても基本はポスト投函です。

実際にあった話などを聞いていると
玄関先に置きっぱなし
袋に入れてドアにかけてあった   などなど

ちょっと衝撃的な話でした(汗


それでも1番多かった対応としては
不在通知が入っていて再配達してもらえるということ。
私の場合もそんな感じの対応をしてもらっていますね。


スポンサーリンク


メルカリ内での定形外郵便でのトラブル


こういった話が出てくるということは
定形外郵便で発送された商品が届かない
というトラブルにつながっているのだとは思いますが

出品者が間違いなく発送していて
購入者の手元に届かないのであれば
配送事故扱いになってしまいます。

当然補償はきかないので、どうにもなりませんが
調査はしてくれるということは以前ご紹介させていただきました
>>>詳細はこちら

確実性を取るのであればやはり追跡サービスがあるものや
配達記録がある配送方法を選択するしかなさそうですね。


また、普通郵便の場合には多少配達に時間がかかることもあります。
差出場所と受取場所が離れていれば当然時間もかかりますし
メルカリの発送予定はあくまでも発送予定であることを確認しておくべきです。

配達予定としてみてしまうと日数の誤差は結構出てしまいますからね。




>>>アプリインストールはこちらから
招待コード
VYDGSW入力で300円分のポイントが入ります!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スポンサーリンク

目次
開放F値の値

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。