So-net無料ブログ作成

メルカリ 発送方法 着払い時の注意点

メルカリを利用していく中で
発送方法もできるだけ安くしたいと思うのは当然のこと。

それでも、発送方法の選択によっては購入者負担で
着払いにする時も出てきます。


ただ、この着払いが意外と曲者になるケースがあるようす。


そんな時の注意点について少しまとめてみようと思います。


着払い時の注意点


大きさのある商品であったり、
追跡サービス付きの宅急便等を
発送方法として選択する場合
送料を購入者負担とするケースがあります。

もちろん送料込みで価格に上乗せするケースもありますが
今回は、着払い時の注意点について書きたいと思います。


まず、送料込みの商品のほうが購入率が高い点について考えると
購入者としても送料負担といわれてしまうと、損得勘定をしてしまいます。

そこで、購入者の考えている発送方法と
実際に出品者が選択した発送方法の違いでトラブルになるケースも
起こりうるようです。

出品者の考えている1番安い方法と
購入者の考える発送方法に食い違いが出ないよう
しっかりと確認してからの発送が間違いないでしょう。


スポンサーリンク



購入者にとって1番の発送方法を聞くこと


着払いの場合のトラブルを回避するためにも
出品者側での独断の発送方法の選択は
避けるべきではないかと考えます。

もしくは商品情報に記載しておくとか
着払い:発送は○○にて
みたいな感じだといいのではないでしょうか。


曖昧に、最安発送等の文言をいれてしまうと
それが違っていた場合もトラブルになりかねません。


あとは、安いだけが1番の方法とも限りませんよね。


高価な商品等であれば、追跡サービス付きのものを
購入者さんが望んでいるケースもあり得ますし
そういった点も踏まえて
しっかりと発送方法を両者でしっかりと決めることでも
安心した取引が可能になると思います。



>>>アプリインストールはこちらから
招待コード
VYDGSW入力で300円分のポイントが入ります!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スポンサーリンク

目次
開放F値の値

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。