So-net無料ブログ作成

メルカリのトラブルで警察が介入しそうなケース

メルカリを利用していく中で、トラブルに関する検索が多いようですが
その中でも特に目についたのが「警察」というキーワード。

なんだか、トラブルと警察の組み合わせっていいイメージはないですよね(汗

もし、これからメルカリを始めようと思って
「トラブル 警察」なんて出てたら少し身構えちゃいますし
実際、警察が介入するようなトラブルが起こるのかどうか・・・


簡単ではありますがまとめてみます。



メルカリのトラブルで警察が介入しそうなケース


アプリを通しての商取引で警察が介入しそうなトラブルを
考えてみたのですが・・・
なんとも思い当たるところがありませんでした。

実際に警察に相談がよくあるといわれる内容は

違う品物が送られてきた
購入したものが使えない
相手と連絡がつかない


この3点が非常に多いようです。

たぶんお気づきの方もいると思いますが
警察の出る幕ではないのが現状です。


可能性としては、購入手続きを済ませ
発送先を出品者に教えたあとの
恐喝くらいじゃないのでしょうか・・・

そのケースはさすがに警察に相談でしょうね。


スポンサーリンク



メルカリの評価システムを確認


前述したよくある相談3点にしぼって考えると
メルカリの評価システムがよくできてるなって思います。

購入者側からの話ですが
違う品物が送られてきたり
購入したものが使えなかったりした場合
出品者の評価をする前に、連絡をとることが重要です。

出品者は、購入者からの評価後でないと
購入者を評価できませんし、売上金の受け取りができません。

評価されなければ、出品者から連絡がくることだってあり得ます。


それでも対応してもらえないようであれば
メルカリの運営事務局に連絡しましょう。


このシステムではしっかりと商品を発送しているのに
評価をしてくれない購入者がいたらと不安になりそうですが
それはこちらの記事で紹介しています
>>>>メルカリでのトラブル 評価の重要性


>>>アプリインストールはこちらから
招待コード
VYDGSW入力で300円分のポイントが入ります!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スポンサーリンク

目次
開放F値の値

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。