So-net無料ブログ作成
検索選択

メルカリ トラブル発生時の返品に関して

メルカリ利用のトラブルの中でも
何かと面倒なのが「返品」に関すること。

返品・返金・キャンセルが発生してしまうのは
出品者側の落ち度がある場合と
購入者側に落ち度がある場合に大きく分けられますので
それぞれの注意点から見ていきましょう。


出品者側での注意点


もちろん返品を受けないようにするのが大前提ですが
どうしても購入者との感覚の違いが
トラブルを引き起こすケースが多くなります。

中古品や未使用でも梱包に傷があるものなどを出品する場合は注意が必要です。


主にヤフオクや他のオークションサイトやフリマアプリでも
同じように中古品の出品がされている場合、
しっかりと「中古」であることを認識してもらって
新品に近いものを希望している方には
あらかじめ購入を控えてもらう旨をしっかりと伝えましょう。


出品者側が気にしていない部分でも
購入者側がどう感じるかわからないというのも頭に入れておくべきです。


それでも返品の要請が来てしまった場合、
次に問題となってくるのが返品送料の問題。

購入者側は不満があっての返品要請になるわけですから
送り返すときまでお金を使う意思は、ほとんど皆無でしょう・・・


着払いになるケースが多いようですが
こちらに落ち度がなくても、クレームを言ってくる人も
中にはいるようなので、この辺りはどうしようもできないのでしょうか汗


<スポンサーリンク>





購入者側での注意点


こちらもはなから返品してやるぞーって意気込んで購入する方はいないと思いますが笑
写真のイメージと違う・思ったよりも状態がよくない
なんてことが起こらないのが1番ですね。

安いから・欲しい商品だったから
といってすぐに決断する前に少し考えてみましょう。

中古品であれば、その商品状態がなるべく多く写真掲載されているものを選んだり
コメントを活用して状態の詳細を聞いてみたり
事前にできることはなるべく済ませておきましょう。

返品のトラブルに関しては双方どちらにとってもデメリットです。
傷や損傷を隠して出品する方は少ないと信じたいですが
トラブルが起きてしまっては時間と労力ももったいないですからね汗


それでもあきらかにこちらに落ち度がないと考えられる場合は
返品の要請をせざるを得ません。

その時には、まず
当該売買契約に関する支払及び商品の発送ならびに出品者及び購入者による相互の評価が行われ取引が完了した場合

というのを確認しておきたい。

要するに、返品の要請をするのであればまずは出品者の評価をする前に
返品したい旨を述べるべきということです。

相互の評価が完了した時点で、メルカリ→出品者への支払いが可能となるからですね。



メルカリ事務局としてはどちらの立場においても
第3者としてフリマの場を提供しているにすぎませんので
基本的には当事者間の解決となります。


こういったことも含め、トラブルにならないように注意することも
楽しくアプリを利用するコツになると思います。


>>>アプリインストールはこちらから
招待コード
VYDGSW入力で300円分のポイントが入ります!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
スポンサーリンク

目次
開放F値の値

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。